補助金と助成金ノート

北陸の田舎で経理(13年)をしております。主に実体験を踏まえた補助金や助成金について綴ります。

一般世帯が申請対象の【東京都大田区の補助金・助成金】まとめ!

大田区は東京23区の中で最も面積が大きい都市です。そして、よく知られている中の1つで羽田空港がありますね。その他にも、お出かけスポットがたくさんあります。そんな大田区にはどんな支援制度があるのでしょうか?これから綴っていきたいと思います。

 

 

f:id:yutorink:20190301202214j:plain

 

 

 

 

 

 

 

補助・助成金名

対象者

補助額等

住宅リフォーム助成

住宅の居住者

①住宅リフォームのみの倍

 

☑補助率:10%

☑上限:20万円

 

②区の他の助成制度等併せて申請する場合

 

☑5%

☑上限:10万円

 

③吹付アスベスト工事

 

☑補助率:10%

☑上限:30万円

 

④耐震工事

 

・区の耐震化助成事業と併せて利用する方

 

☑補助率:10%

☑上限:20万円

 

・区の耐震化助成事業を利用しない場合

 

☑助成率:10%

☑上限:30万円

屋上緑化等助成

建築物の所有者等

☑助成率:1/2

 

☑上限:1m²あたり2万円(総額50万円)

吹付アスベスト分析調査費助成

・建築物を所有する個人

・中小企業者

・共同住宅管理組合代表・団体・代表者

☑補助率:調査費用の1/2

 

☑上限:10万円

雨水浸透施設設置助成

敷地の所有者

☑上限40万円

雨水貯留槽設置助成

・個人

・法人

☑補助率:1/2

 

☑個人で小型設置する場合:2/3以内

 

☑限度額

・小型(500ℓ未満):4万円/基(2基まで)

 

・大型(500ℓ以上):1/2で30万円

生垣造成助成

敷地の所有者等

①新たに生垣を造成ずる場合:10,000円/m

 

②ブロック塀などを生垣にする場合:16,000円/m

住宅用太陽エネルギー利用機器の設置等に係る補助金

・個人

・法人

・管理組合法人等

①太陽光発電システム

 

☑補助率:1kwあたり45,000円

 

☑上限:27万円

 

②太陽熱ソーラーシステム

 

☑補助率:1m²あたり16,500円

 

☑上限:20万円

 

③太陽熱温水器

 

☑補助率:1m²あたり9,000円

 

☑上限10万円

 

(管理組合法人等の場合は、上限20万円です。)

耐震化制度

建築物の所有者

①補強設計

 

・戸建住宅の場合

 

☑木造:14万円

 

☑非木造:50万円

 

・共同住宅の場合

 

☑木造:15万円

 

☑非木造:50万円

 

・緊急の輸送道路や避難路等の建築物:上限なし

 

②耐震診断

 

・戸建住宅の場合

 

☑木造:14万円

 

☑非木造:50万円

 

・共同住宅の場合

 

☑木造:15万円

 

☑非木造:50万円

 

☑分譲:300万円

 

☑賃貸:100万円

 

・緊急の輸送道路や避難路等の建築物:上限なし

 

③耐震改修

 

・戸建住宅の場合

 

☑木造:150万円

 

☑非木造:200万円

 

・共同住宅の場合

 

☑木造:150万円

 

☑非木造:200万円

 

☑分譲:3,000万円

 

☑賃貸:500万円

 

・緊急の輸送道路や避難路等の建築物の場合

 

☑住宅:3億3,500万円

 

☑マンション:4億9,300万円

 

☑その他の建築物:5億300万円

 

 

 

<2.おわりに>

 

大田区は、耐震に関する支援制度の種類が多く感じました。そして居住に関しての補助金も豊富で、住みやすそうですね。こちらも平成30年度分のものなので、参考までに見てください。

 

今日も最後まで見ていただき、ありがとうございました。

目黒区にはどんな補助金があるの?【東京都目黒区の補助金・助成金】一般世帯が申請可能です!

目黒区は住みやすい街としても知られています。治安もよく、生活環境も整っています。また、目黒区は地盤が強いということも聞いたことがあります。それらのことから、住みやすい街と言われているのだと思います。今日は、そんな目黒区にはどのような支援制度があるのかを綴っていきます。

 

 

f:id:yutorink:20190301194527j:plain

 

 

 

 

 

<1.東京都目黒区の補助金・助成金>

 

 

補助・助成金名

対象者

補助額等

高齢者世帯等居住継続家賃助成

・障害者世帯

・高齢者世帯

☑家賃の2割

☑期間:6年間

☑上限

・1人世帯:月額15,000円

 

・2人世帯:月額17,000円

 

・3人以上の世帯:月額20,000円

住宅修築資金融資あっせん
(個人)

個人

700万円

ファミリー世帯家賃助成

・18歳未満の子を扶養し、同居する世帯

 

・上記に併せ、ひとり親世帯を含みます。

☑月額2万円

 

☑期間:3年間

目黒区住宅リフォーム資金助成

個人

☑10%

 

☑上限:10万円

 

☑アスベスト除去工事の場合は上限20万円

目黒区もどりのまちなみ助成
(屋上緑化助成)

所有者等

①移植助成:1,000円~1万円/本

 

②新植助成:2万円~3万円/m²

 

③自動潅水装置助成:2,000円/m²

 

④緑石設置助成:1,000円m

 

☑上限:50万円

目黒区みどりのまちなみ助成
(接道部緑化助成)

所有者等

①移植助成:5,000円~15,000円/本

 

②新植助成:1万円~3万円/m²

 

③塀撤去助成:9,000円/m

 

④緑石設置助成:5,000円m

 

☑上限:40万円

目黒区みどりのまちなみ助成
(壁面緑化助成)

所有者等

①緑石設置助成:5,000円/m

 

②新植助成:2,000円~2万円/m²

 

③自動潅水装置助成:2,000円/m²

 

④補助器具設置助成:2,500円/m²

 

☑上限:30万円

アスベスト調査費助成

・個人住宅

・集合住宅

☑分析調査費の1/2

☑上限

・個人住宅:10万円

 

・集合住宅:20万円

 

・事業用建築物:20万円

 

 

<2.おわりに>

 

こちらは平成30年度分の制度ですので、参考までにしてください。目黒区は、他の区と比較して緑化に対する助成金の種類が多く感じました。それぞれの地域で力を入れている支援制度に違いがありますね。引き続き、区別の制度を書いていきたいと思います。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【東京都品川区の補助金・助成金】一般世帯も申請可能な支援制度をまとめました!

品川区は、子育てや教育支援が充実している都市でもあります。また、買い物スポットや交通も利便性が高く、住みやすいまちです。今日は、そんな品川区の支援制度について書き綴りたいと思います。

 

 

f:id:yutorink:20190227153915j:plain

 

 

 

 

 

 

 

<1.東京都品川区の補助金・助成金>

 

 

補助・助成金名

対象者

補助額

都市防災不燃化促進事業

・個人

・中小企業

・公益法人

①除却助成

 

☑補助率:床面積×26,000円か、実費の小さい方が助成されます。

 

☑上限:1,300万円

 

②一般建築助成

※額表によるものとなり、加算助成もあります。

品川区市街地住宅整備地区建替助成

・個人

・中小企業

☑補助率:2/3以内

不燃化特区支援制度

・個人

・中小企業

①老朽建築物解体除却費用助成

 

☑補助率:床面積×26,000円か、実費の小さい方が助成額となります。

 

☑上限:1,300万円

 

その他、上記以外にも種類があり、条件等により補助額が異なります。

生垣助成

・個人

・法人

定められた単価で算出した額は補助されます。

防災緑化助成

・個人

・法人

定められた単価で算出した額は補助されます。

住宅修策資金融資あっせん

個人

(助成方式は利子補給です)

①一般増改築工事の場合:1,000万円

 

②災害復旧工事の場合:1,000万円

 

③耐震補強工事の場合:1,000万円

 

④石綿除去工事の場合:1,000万円

屋上緑化等助成

・個人

・法人

定められた単価で算出した額は補助されます。

雨水利用タンク設置助成

・個人

・法人

☑補助額:1/2

 

☑上限:5万円(うち、工事費は15,000円)

雨水浸透施設設置助成

・個人

・法人

☑補助率:定められた単価で算出した額は補助されます。

 

☑上限:40万円

親元近居支援事業

個人

引っ越しに要した費用1円=1ポイント

 

【上限:10万ポイント】

 

ポイントは、区内共通商品券などの品目と交換です。

 

※その他、条件があります。

防止板設置等工事助成

・個人

・法人

①個人の場合

 

☑補助率:3/4

 

②法人の場合

 

☑補助率:1/2

☑上限:区民、区内に会社の登記がある法人は100万円、それ以外は50万円となります。

住宅改善工事助成制度

・個人

・マンション管理組合

・賃貸住宅個人オーナー

①個人の場合

 

☑補助率:10%

☑上限:20万円

 

②マンション管理組合等

 

☑上限:100万円

家具転倒防止器具取付助成

個人

①非課税世帯の場合

 

☑補助率:取付費用全額

☑上限:8,000円

 

②課税世帯の場合

 

☑補助率:1/2

☑上限:4,000円

太陽光発電システム設置助成事業
(家庭用)

個人

☑補助率:1kw3万円

 

☑上限9万円

 

 

 

 

<2.おわりに>

 

東京都内の支援制度を書き始めて気付きましたが、同じ支援制度で中小企業のみならず一般世帯も申請できる補助金が多かったことにびっくりしました。こちらも平成30年度分のものなので、参考までに見ていただければ幸いです。

一般世帯も対象の【東京都江東区の補助金・助成金】まとめ!

江東区は春夏秋冬、観光スポットがあります。子供も楽しめて、魅力的なまちだと思います。また、交通の利便性にも非常に優れており、水と緑豊かな都市です。そんな江東区にはどのような補助金や助成金、支援制度があるのか書いていきます。

 

 

 

f:id:yutorink:20190227142744j:plain

 

 

 

 

 

 

 

<1.東京都江東区の補助金・助成金>

 

 

 

補助・助成金名

対象者

補助額

屋上緑化助成

一般

①屋上緑化工事費

 

☑土厚30cm未満の場合

 

補助率:1/2

上限:15,000円/m²

 

☑土厚30cm以上の場合

 

補助率:1/2

上限:30,000円/m²

 

②壁面緑化工事費

 

補助率:1/2

上限:10,000円

生垣等緑化助成

一般

①生垣緑化等工事費

 

☑生垣等の緑化:16,000円/m

 

☑既存塀の撤去:8,000円/m

 

☑フェンスの設置:8,000円/m

 

☑上限:いずれも200万円

※延長上限は100mです

 

②フェンス緑化工事費

 

☑フェンス緑化:2,000円/m

 

☑上限:20万円

※延長上限は100mです。

アスベスト分析調査費助成

・個人

・マンション管理組合等

分析調査費用の1/2

 

【上限:5万円】

不燃化推進特定整備事業

・個人

・中小企業

・一般社団法人等

①老朽建築物除却費

 

☑上限:230万円

 

②共同化建替え設計・監理費の45%相当額

 

【上限:各100万円、80万円】

 

③戸建て建替え設計・監理費の45%相当額

 

【上限:各50万円、40万円】

 

④老朽建築物から住替え助成

 

【上限516,000円】

(個人住宅用)地球温暖化設備導入助成制度

個人

①太陽光発電システムの場合

 

☑補助率:1kw5万円

☑上限:20万円

 

②CO₂冷却ヒートポンプ給湯機(エコキュート)の場合

 

☑補助率:5%

☑上限4万円

 

③エネルギー管理システム機器

 

☑補助率:5%

☑上限:2万円

 

④燃料電池装置(エネファーム)の場合

 

☑補助率:5%

☑上限:10万円

 

⑤蓄電池

 

☑補助率:5%

☑上限:10万円

 

⑥高反射率塗装の場合

 

☑補助率:施行面積1m²あたり1,000円を乗じた額。

☑上限:20万円

 

⑦高断熱窓の場合

 

☑補助率:10%

☑上限:10万円

民間建築物耐震助成事業

・個人

・マンション管理組合等

①分譲マンション及び賃貸マンション耐震診断の場合

 

☑補助率:1/2

☑上限:150万円

 

②分譲マンション及び賃貸マンション耐震改修の場合

 

☑補助率:1/2

☑上限:2,000万円

 

③分譲マンション及び賃貸マンション耐震設計

 

☑補助率:1/2

☑上限:150万円

 

④マンション耐震化アドバイザー派遣

 

☑補助率:8回まで無料

 

 

 

<2.おわりに>

 

江東区も様々な制度がありました。耐震に対する助成事業で、8回まで無料というのはありがたいですね。近年、自然災害も多いので参考までに見ていただけたら幸いです。平成30年度の支援制度なので、新年度分は確認していただくことをおすすめします。今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

墨田区は支援制度が豊富!【東京都墨田区の補助金・助成金】一般の方が申請対象となります

墨田区といえば、スカイツリーがそびえ立つまちです。花火大会や大相撲など有名で多くの文化が受け継がれているまちでもあります。また、観光スポットがたくさんあり、魅力や見どころが満載です。そんな墨田区にはどのような制度があるのかを見ていきましょう。

  

f:id:yutorink:20190227110659j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

<1.東京都墨田区の補助金・助成金>

 

 

 

補助・助成金名

対象者

補助額

住宅修築資金融資あっせん

・一般

・高齢者

①増改築

②修繕

③模様替え

④ブロック塀改造

⑤吹付けアスベストの除去など

 

【上限:各500万円】

主要生活道路沿道不燃化推進助成金交付工事

一般

基本額:150万円

防火・耐震化改修促進助成事業

一般

【上限:100万円】

※その他、条件等ございます。

墨田区都市防災不燃化促進事業

一般

210万円~

不燃建築物建築促進助成事業

一般

基本額:210万円

※仮住居費などには加算があります。

不燃化10年プロジェクト不燃化促進助成事業

一般

☑基本額:150万円

※その他、加算があります。

 

☑建築設計費:100万円

☑除却費上限額:90万円

※その他、加算があります。

木造住宅耐震改修促進助成事業

一般

①耐震改修計画作成の場合

 

・補助率:1/2

(緊急対応地区内で上部構造評点1.0以上にする場合、1/1)

上限:7万5千円

(緊急対応地区内で上部構造評点を1.0以上とする場合、15万円

 

②耐震改修工事の場合

 

・助成率:1/2~5/6

 

・上限:135万円~150万円

 

③簡易改修工事の場合

 

・補助率:1/3~5/6

 

・上限:40万円~80万円

 

④耐震・バリアフリー改修促進支援事業の場合

 

・補助率:5/6

 

・上限:80万円

(緊急対応地区内で上部構造評点1.0以上とする場合、150万円)

 

⑤耐震装置設置の場合

 

・補助率:9/10

 

・上限:50万円

 

⑥民間木造賃貸住宅改修支援事業の場合

 

・補助率:2/3

 

・上限:45万円

(条件等につき、135万円~150万円)

 

⑦主要生活道路沿道の場合

 

・補助率:3/4~5/6

 

・上限:60万円または80万円

(条件により、135万円または、150万円)

 

⑧除却の場合

 

・補助率:1/2

 

・上限:50万円

墨田区民間建築物耐震診断助成事業

一般

①非木造の場合

 

・補助率:1/2

 

・上限:50万円~204万5千円(面積による)

 

②木造の場合

 

・補助率:1/2

(※高齢者等が居住する場合、1/1)

 

・上限:7万5千円

(※高齢者等が居住する場合、15万円)

緊急輸送道路沿道建築物耐震診断助成事業

一般

①特定緊急輸送道路の場合

 

☑助成対象経費または、助成基準額のいずれか少ない額に5/6を乗じた額、もしくは助成対象経費に2/3を乗じた額もうち、どちらか高いほうの額。

 

②一般緊急輸送道路の場合

 

☑対象経費に2/3を乗じた額【上限:200万円】

屋上等・壁面緑化整備補助金交付制度

一般

1/2又は、1万円/m²のいずれか少ない額。

 

【上限:40万円】

特別保全樹木等補助金交付制度

一般

①樹木の場合

 

☑1/2又は、2万円/本(5本まで)のいずれか少ない額。

 

【上限:10万円】

 

②生け垣の場合

 

☑延長1mについて500円

 

【上限:2万円】

緑のへい等設置補助金交付制度

一般

①生け垣の場合

 

☑長さ1mについき、2万円

 

②植樹帯の場合

 

☑植え込み地の面積1m²につき、24,000円

雨水利用促進助成制度

一般

①地中梁方式タンク

 

【上限:100万円】

 

②中規模タンク

 

【上限:30万円】

 

③小規模タンク

 

【上限4万円】

 

※その屋、条件等ございます。

地域温暖化防止設備導入制度

一般

①建築物断熱改修

☑補助率:10%

☑上限

・戸建て、事業所の場合:40万円

 

・分譲集合住宅の場合:100万円

 

②遮熱塗装

☑補助率:10%

 

☑上限

・戸建て、事業所の場合:20万円

 

・分譲集合住宅の場合:50万円

 

③太陽熱利用システム

☑補助率:10%

 

☑上限

・戸建て、事業所の場合:10万円

 

・分譲集合住宅の場合:25万円

 

④家庭用蓄電池システム

☑補助率:10%

 

☑上限:10万円

 

⑤家庭用直感型LED照明器具

☑補助率:工事に必要な経費の1/2

 

☑上限:戸建て5万円

 

⑥太陽光発電システム

☑補助率:1kw5万円又は、工事費用の1/2のどちらか少ない額。

 

☑上限

・戸建て、事業所の場合:25万円

 

・分譲集合住宅の場合:50万円

 

⑦燃料発電給湯機(エネファーム)

 

☑補助率:10%

☑上限:5万円

 

⑧住宅エネルギー管理システム

 

☑補助率:20%

☑上限:2万円

アスベスト確認調査費助成

一般

吹付け材アスベストに関する調査費用の半額。(消費税は除く)

 

【上限:10万円】

住宅設備改善費助成

障害者

①小規模改修:20万円

 

②中規模改修:96万6千円

 

③屋内移動設備:1,406,000円

 

④階段昇降機:1,406,000円

 

☑利用者負担額について

 

・課税世帯:原則1割負担

利用者負担上限は月額37,200円

 

・生活保護受給者、非課税世帯:利用者負担なし

利用者負担上限月額0円

民間賃貸住宅転居・転入支援制度

子育て世帯

(未就学児の子どもがいる世帯が対象)

建物賃貸仮契約書に支払った礼金・仲介手数料や引っ越し費用の各12万円が上限。

(最大36万円)

三世代同居・近居住宅取得支援制度

子育て世帯

(義務教育終了前の子どもがいる世帯が対象)

①中古住宅取得の場合:30万円

 

②新築住宅取得の場合:50万円

 

 

 

<2.おわりに>

 

いかがでしたか?墨田区に引っ越したいくらい充実しています( *´艸`)家族世帯、高齢者、障碍者、子育て世帯と全てにおいて配慮されているように感じました。こちらも平成30年度分の制度なので、参考として見てください。新年度も同じ支援制度等が出る場合もあると思います。補助金や書生金は、前もって把握しておくことで申請できるものがほとんどです。今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

産学官で連携し、新しいサービスモデルの開発等を行いたい方必見!【商業・サービス競争力強化連携支援事業】の活用を視野に入れてみよう

みなさん、こんにちは。

 

今日は、研究開発の支援事業について書いて参ります。大学や研究機関と共同で、これから開発を行いたい、または予定されている中小企業様は是非、参考にしてみてください。 

 

 

 

 

f:id:yutorink:20190226132526j:plain

 

 

 

 

<1.概要>

 

この事業は、中小企業者が産学官や異業種分野の事業者と共同で行う、新しいサービスモデル開発の中で、サービス産業の競争力強化に資すると認められる取り組みを支援するものです。また、本年度より、申請者のプレゼンテーションを主体とした動画による申請も導入されました。

 

 

<2.対象者>

 

中小企業等経営強化法第10条1項に基づく、「異分野連携事業分野開拓計画」の認定を受けたものとなっております。

 

<3.補助率>

 

事業類型

上限額

補助率

対象期間

一般型

3.000万円

1/2以内

2年

IoT、AI、ブロックチェーン等先端技術活用型

3,000万円

2/3以内

2年

 

 

 

<4.公募期間>

 

 

平成31年2月15日(金)~平成31年4月19日(金)

 

 

 

<5.対象経費>

 

労務費

①研究員費

事業費

②謝金

③旅費・交通費

④会議費

⑤借損料

⑥知的財産権関連経費

⑦雑役務費

⑧マーケティング調査費(展示会等)

⑨備品・消耗品費

⑩機械装置等費

⑪外注費

委託費

⑫委託費

 

 

<6.おわりに>

 

ちなみに、産学官とは、大学等の教育機関や研究機関と民間企業が連携することを示します。産学官と連携することで、自社では行えなかった分析や知識等が得られます。新しいサービスモデルの開発を行いたい方は視野に入れてみてはいかがでしょうか?今日も最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

一般世帯向け【東京都台東区の補助金・助成金】まとめ!

台東区は有名所がたくさんありますね。下町スポットやファミリー向け施設も豊富です。交通の利便性にも優れており、お出かけしやすい環境でもあります。そんな台東区にはどのような補助金や助成金があるなかを書いていきます。

 

 

 

f:id:yutorink:20190223201250j:plain

 

 

 

 

<1.東京都台東区の補助金・助成金>

 

 

補助・助成金名

対象者

補助額

耐震診断助成

一般

①木造住宅:10/10

【上限:15万円】

 

②非木造住宅:1/2

【上限:50万円】

 

③住宅外:8/10

【上限:15万円】

補強設計助成

(木造住宅)

一般

1/2

【上限:6万円】

耐震改修助成

(住宅)

一般

1/2

【上限:150万円】

 

☑重点地域の場合:2/3

【上限:200万円】

除却工事助成

一般

1/3

【上限:50万円】

台東区密集住宅市街地整備促進事業地区内における不燃化建替え等助成制度

一般

①戸建建替え助成・共同住宅建替え:上限150万円

 

②建築設計費及び工事監理の45%

【上限:150万円】

 

③老朽建築物除却助成:上限150万円

台東区密集住宅市街地整備促進事業助成金

一般

①除却費用

 

②調査設計計画費用

 

③共同施設設備費用

台東区浅草北部地区における不燃化建替え等助成制度

一般

240万円

住まいの共同化と安心建替え支援制度

一般

※条件等により額が異なります。

がけ・擁壁の改修工事助成

一般

3/10

【上限:100万円】

ブロック塀等の改善工事助成

一般

1/2

【上限:15万円】

除却工事助成

一般

1/3

【上限:50万円】

外壁等落下防止のための改善工事助成

一般

5/100

【上限:50万円】

住宅修繕資金融資あっせん

一般

工事費の80%

【上限:500万円】

住宅修繕資金融資あっせん

(マンション共用部分)

一般

工事負担額の80%

【上限:100万円】

子育て世帯住宅リフォーム支援制度

一般

1/3

【上限:20万円】

重度身体障害者住宅改造費助成

一般

①中規模改修:641,000円

 

②屋内移動設備

 

・機器費用:979,000円

 

・設置費用:353,000円

 

 

<2.おわりに>

台東区もたくさんの制度がありました。住宅に関しての補助制度がとても手厚くさまざまな種類があります。こちらは、平成30年度分です。もしかしたら、新年度分も同じ制度がでるかもしれませんので、参考までにしてください。本日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。