補助金と助成金ノート

北陸の田舎で経理(13年)をしております。主に実体験を踏まえた補助金や助成金について綴ります。

【IT導入補助金 2018年版】(サービス等生産性向上IT導入支援事業)ホームページを制作したい方必見!

ホームページを制作したいけど作り方がわからない!けど専門業者に依頼すると資金面が…とお困りの企業様はいらっしゃいませんか?

 

これから自社ホームページを持ちたいと考えている方や、既にホームページは持っているが商品別のランティングページは持っていないから作りたいと思っている方、参考にしてみてください。

 

今回、そんなお悩みを解消すべく「IT導入補助金」(サービス等生産性向上IT導入支援事業)という補助金のご紹介をさせていただきます。

 

 

f:id:yutorink:20181107161640j:plain

 

 

1.公募期間

 ※期間に変更があったようです。詳細は下記を参照ください。

 

f:id:yutorink:20181107154542p:plain

 

 

 

2.導入補助金とは?

 

 IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)は経済産業省が行っている取り組みです。

 

ITツールを導入する経費の一部を補助し、中小企業・小規模事業者等のIT化を促進するものです。

 

最大50万円のホームページ制作費補助

 

IT導入補助金は制作費用の1/2以内に当たる金額を受けることができます。30蔓延以上の制作費用が必要な場合が補助金の交付対象となり、補助金の受取上限は50万円、下限15万円となっております。

 

例)100万円のホームページ制作費の場合・・・申請可能な補助金額1/2の50万円

 

例)40万円のホームページ制作費の場合・・・申請可能な補助金額1/2の20万円

 

ホームページ制作を検討中の企業様におすすめです

 

 

 

3.平成30年度「IT補助金導入の特徴」

 

 IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者の方々のIT化を促進することで業務効率化・売上アップをサポートするものです。

 

予算が去年の5倍【500億円】

 

平成30年IT導入補助金は予算が大幅に増額されました。企業のIT化を促進させるため、国が対策を強化しているようです。

 

想定利用企業が9倍に!

 

IT導入補助金の予算を増やすことで、想定利用企業数も13万5千社と大幅に増加しています。1次公募の際は、採択率が約9割ほどあり、採択率が高いのが平成30年度IT導入補助金の特徴となります。

 

4.申請要項

 

 補助金の対象者

 

☑中小企業(個人事業主含む)

☑小規模事業者

☑日本国内で事業を行っているもの

☑風俗営業・性風俗関連特殊営業および接客業務受託営業を営むものでないもの

 

※中小企業・小規模事業者であるかどうかは、資本金や従業員数によって判断されます。また、一部補助対象外もございますので申請する前に事前にご確認ください。詳しくは「IT導入補助金」の公式ページをご覧ください。

 

 

 5.申請から実施までの流れ

 

 申請から実施までを簡単にご説明します。

 

STEP.1  交付申請(導入したい製品の選定、交付申請を行う)

 STEP.2  製品の導入と支払

 STEP.3  成果報告

 

 毎年、生産性向上の報告を行います。期間がございますのでこちらも公式ホームページにてご確認ください。

 

6.おわりに

IT導入補助金はとても利用しやすいかと思います。会社のホームページとなると、デザインや構成など、自分で制作するのが難しいという方は多いと思います。公募要件に該当する方は補助金活用を視野に入れてみることをおすすめします。