補助金と助成金ノート

北陸の田舎で経理(13年)をしております。主に実体験を踏まえた補助金や助成金について綴ります。

【経営改善計画策定支援事業】を活用して経営改善を行おう!

経営改善計画策定支援事業というものをご存知ですか?また、どのような内容の支援なのかご存知ですか?

経営改善計画策定支援事業は中小企業・小規模事業者の方であれば是非知ってほしい支援の一つです。

 

今回は「経営改善計画策定支援事業」とはどういったものなのか?

どのような場合に支援してもらえるのか?助成金の額はいくらなのか?

経営改善計画策定支援事業について詳しく説明していきます。

 

f:id:yutorink:20181122200734j:plain

 

 

経営改善計画策定支援事業ってなに?

 

自分で経営改善計画策定を行うことができない中小企業や小規模企業に対して「認定支援機関」が中小企業や小規模企業から依頼を受けた上で、経営改善計画策定を行い中小企業や小規模企業の経営を支援するものです。

 

毎月の借入返済が多い企業や返済に困っている企業の方が対象になります。

少ない費用で経営改善に取り組むことができる中小企業や小規模企業のための支援になります。

 

どのような支援を受けることができるの?

 

国が認定している認定支援機関の支援に対する支払い費用の200万円を上限とした三分の二を負担してもらえます。

 

計画策定を行ってから3年間は認定支援機関からアドバイスを受けることができるため、支援を受けた後のフォローも受けることができます。

 

また、費用の負担以外にも金利の免除や金融支援も受けることができます。

受けられる例として以下のようなものが挙げられます。

★金利の減免

★利息の支払い猶予

★元金の支払い猶予

 

また、支援を受けられる事業者・企業には条件があります。

 

【対象となる事業者】

・借入金の返済など財務の問題を抱えており、金融支援を必要としている企業

・自ら経営改善計画を策定することが難しい企業

※社会福祉法人や学校法人は対象外

 

支援対象になる場合とならない場合がありますので、経営改善支援センターへ直接お問い合わせを行い確認してください。

 

どのような事業にオススメの支援なの?

 

・黒字の企業にしたい ・計画策定後のフォローも望んでいる

・人件費以外にかかるコストを削減したい

 

このように企業を安定させ良い方向に持っていきたい、社員に不安を与えないようにしたいと考えている企業にオススメの支援になります。

 

経営改善計画策定支援事業を受けることで企業の経営改善を行うことができ、新たなスタートを歩み始めることも可能になります。

経営改善計画策定支援事業は中小企業や小規模企業の経営の促進に大きく影響を与える支援なのです。