補助金と助成金ノート

北陸の田舎で経理(13年)をしております。主に実体験を踏まえた補助金や助成金について綴ります。

両立支援等助成金(女性活躍活性化コース)について

現代では家庭の中で男性が働きに出るだけでなく女性が社会に出て、社会の中で女性が働き活躍することは増えてきていますが、まだまだ支援が足りずに悩んでいる方も多くおられます。

 

ここでは女性の活躍を推進する助成金の「両立支援等助成金」についてご紹介していきたいと思います。

 

 

f:id:yutorink:20181222000326j:plain

 

 

両立支援等助成金ってどんな支援なの?

 

両立支援等助成金の女性活躍活性化コースは、社会の中で活躍できる女性がたくさんおられる中で、その女性たちに今よりも活躍してもらうための支援になります。

出産や育児に手を取られ、退職後にはアルバイトやパートという形でしか働けなかった女性にも、また正社員として働ける社会を目指し活動しています。

 

(※15歳~64歳の女性を対象に行っている支援になります)

 

両立支援等助成金はどうすれば受けることができる?

 

両立支援等助成金は以下の条件を満たしていないと受けることができません。

支援を受けようと考えているかたは以下の条件をチェックしておいてください。

 

【加速化Aコース】

加速化Aコースは業種にかかわらず労働者が300人以下の事業種であれば受けることができます。

 

【加速化Nコース】

加速化Nコースは数値目標に向けて取り組んでいる目標を達成していることが条件で、数値目標を達成した時点で受けることができます。

(※取組目標を達成してから3年以内に数値目標を達成していること、女性活躍推進企業データベースに公表していること、労働者301人を超えている場合は数値目標を達成していることと女性管理職比率を基準以上なことが条件になります)

 

重要ポイント:企業内での女性活躍数値を公表していることが重要なポイントになります。

 

両立支援等助成金の額はいくらくらい受けられるものなの?

 

支援を受けるには指定された女性活躍推進法に基づき定められている取組内容を実施した事業主や数値目標を達成している事業主であることが必要になります。

また、支給を受けられるのは一つの企業につき一回限りとなります。

 

【加速化Aコースの場合】※取組目標達成時

雇用労働者300人以上:28.5万円

 

【加速化Nコースの場合】※数値目標達成時

雇用労働者300人以上:28.5万円

女性管理職比率が基準より上回っている場合:47.5万円

 

条件を満たし申請を行うことで企業に役立つ助成金を受けることができます。

両立支援等助成金(女性活躍活性化コース)は企業を行っている事業主であれば必ず把握しておきたい支援になります。

 

企業を行っている事業主の方は是非把握しておいてくださいね。