補助金と助成金ノート

北陸の田舎で経理(13年)をしております。主に実体験を踏まえた補助金や助成金について綴ります。

一般世帯が申請可能な【静岡県の助成制度】まとめました!

今日は、静岡県の助成制度について書き綴ります。

こちらは、企業ではなく、一般世帯の方が申請できる助成金となります。

 

 

 

f:id:yutorink:20190124195208j:plain

 

 

 

<1.静岡県の助成制度>

 

 

対象エリア

助成・補助金名

補助額

県内全域

住んでよし しずおか木の家推進事業

【住宅リフォーム】

①10~20m²未満:3万円

 

②20m²以上:7万円

 

県内全域

住んでよし しずおか木の家推進事業

【新築・増築】

①2~10m²未満:6万円

 

②10~15m²未満:13万円

 

③15~20m²未満:21万円

 

④20m²以上:30万円

静岡市

ブロック塀等耐震改修事業

<撤去の場合>

見積額と基準額を比べて少ない額の1/2

 

<改善の場合>

見積額と基準額を比べて少ない額の1/2

 

静岡市

わが家の専門家診断事業

泉温かを派遣して、木造住宅の耐震診断を無料で実施。

静岡市

家具等固定推進事業

対象となる経費の2/3

【上限】

・1カ所の場合:6千円

・2カ所の場合:8千円

・3カ所の場合:1万円

・4カ所の場合:1万2千円

静岡市

木造住宅補強計画策定事業

見積額と基準額を比べて少ない額の2/3

静岡市

非木造住宅耐震診断事業

見積額と基準額を比べて少ない額の2/3

静岡市

木造住宅耐震補強事業

対象となる経費の10/10

※上限は世帯により異なります。

静岡市

耐震シェルター整備事業

設置経費の1/2

【上限:12万5千円】

静岡市

浄化槽設置事業費補助制度

【上限】

16万6千円~88万5千円

静岡市

狭あい道路拡幅整備事業

市の補助基準額と申請者負担額の2/3を比べて少ない額

 

【上限:150万円】

静岡市

空き家改修補助交付事業

対象となる工事費用の1/3

【上限:100万円】

静岡市

民間建築物アスベスト対策事業

①分析調査

分析調査に必要な費用

【上限25万円/棟】

 

②除去などに必要とする費用の1/3以内

【上限:60万円/敷地】

静岡市

日常生活用具費助成制度

用具購入費用と改修工事費

【上限:20万円】

静岡市

がけ地近接危険住宅移転事業補助金

①建設除去などの補助

【上限:82万2千円/戸】

 

②借入金利子に相当する経費の補助率:年利率限度は8.5%

 

③上限額

・土地取得:206万円

・敷地浩成:59万7千円

・建物建設:457万円

静岡市

あんしんすまい助成製

所得税額により補助率が異なります。

【上限:80万円~100万円】

静岡市

雨水貯留浸透助成事業

設置費用の2/3

【上限】

設置する物により上限額がことなります。2万8千円~10万円

浜松市

浜松市 風致地区内住宅生垣用苗木交付制度

本数は1申請地につき下記の通りです。

・1mあたり2~3本を交付。【上限:100本】

浜松市

浜松市 木質バイオマス利用促進事業

木質ペレットストーブ購入費などの1/3以内

【上限:5万円】

浜松市

浜松市 緑地協定区域樹木等交付制度

予め決められた樹木から1つ選び、設置延長1mあたり4本まで

【上限:100本】

 

※その他、条件等ございます。

浜松市

浜松市 勤労者住宅建設資金等償還利子補給補助事業

・利子補助率:年0.75%相当額

 

・償還期間:10年以上

 

・償還方法:元利均等月賦償還

 

・対象額:50万円以上300万円以内(10万円単位で)

浜松市

浜松市農業経営資金償還利子助成事業

貸付利率から県やその他の利子助成を省いた率について1%を上限。最長5年間の利子助成金を交付。

浜松市

雨水浸透ます設置補助制度

①改築の際に雨水浸透ますを設置する場合

【上限:2万円/基】

 

②新たに雨水浸透ますを設置する場合

【上限:6万円/基】

 

※その他、補助機数の上限があります。

浜松市

浜松市 合併処理浄化槽設置費補助制度

浄化槽の大きさにより補助額は異なります。

 

20万7千円~171万1千円

浜松市

水洗便所改造資金貸付あっ旋および利子補給制度

・100万円以内

・利子は市が負担

・返済方法:36カ月元金均等

浜松市

浜松市 高齢者住宅改造費補助金交付

工事費用の1/2以内

【上限:75万円】

 

※特定地区の場合の限度額は100万円です。

浜松市

居宅介護住宅改修費の支給

要した費用の9割または8割を介護保険で支給

浜松市

母子父子寡婦福祉資金貸付制度

・貸付上限:150万円

・償還期間:貸付日から6カ月

・償還期限:据置期間終了後6年以内

 

※災害等の特別な事由により、貸付額の上限が200万円となる場合があります。

浜松市

多世帯住まい支えあい事業~浜松市家族支えあい環境支援事業

①引越・移転:1/2以内

【上限:10万円】

 

②解体:1/2以内

【上限:50万円】

 

③住宅の新築や取得:1/2以内

【上限:40万円】

 

④増築や改修:1/2以内

 

【上限:40万円】

浜松市

浜松市プロジェクト「TOUKAI-O」総合支援事業~わが家の専門家診断事業

無料で耐震診断を行い、後日、診断結果や概算工事費の報告、補助制度の説明を行う事業です。

浜松市

浜松市プロジェクト「TOUKAI-O」総合支援事業~木造住宅補強計画策定事業

耐震補強計画に必要な経費か14万4千円のいずれか少ない額の2/3以内

浜松市

浜松市プロジェクト「TOUKAI-O」総合支援事業~木造住宅耐震補強助成事業

基本額として、1敷地につき30万円

 

※その他、条件を満たした世帯は、上乗せがあります。

浜松市

浜松市プロジェクト「TOUKAI-O」総合支援事業~非木造住宅耐震診断事業・非木造住宅補強計画策定事業

①非木造住宅耐震診断補助額について:助成基準額と1棟ごとの耐震診断に必要な費用のいずれか少ない額の2/3以内

 

②非木造住宅補強計画策定補助額について:助成基準額と1棟ごとの耐震診断に必要な費用のいずれか少ない額の2/3以内

【上限:123万3千円】

浜松市

浜松市プロジェクト「TOUKAI-O」総合支援事業~建築物耐震診断事業・建築物補強計画策定事業・建築物耐震補強助成事業・緊急運送道路沿道建築物耐震補強助成事業

・建築物耐震診断

助成基準額と1棟ごとの耐震診断に必要な費用のいずれか少ない額の2/3以内

 

・建築物補強計画策定

助成基準額と1棟ごとの耐震計画策定に必要な費用のいずれか少ない額の2/3以内

【上限:720万円】

 

・建築物耐震補強工事

助成基準額と1棟ごとの耐震補強工事に必要な費用のいずれか少ない額の23%の2/3以内

 

・緊急運送道路沿道建築物耐震補強

助成基準額と1棟ごとの耐震補強工事に必要な費用のいずれか少ない額の2/3以内

 

 

 

浜松市

浜松市プロジェクト「TOUKAI-O」総合支援事業~ブロック塀等撤去改善事業

・撤去:撤去に必要な費用と助成基準額のいずれか低い額の1/2以内

【上限:10万円】

 

・新設:新設に必要な費用と助成基準額のいずれか低い額の1/2以内

【上限:25万円】

 

浜松市

浜松市プロジェクト「TOUKAI-O」総合支援事業~がけ地近接危険住宅移転事業

・建物の助成費用:対象条件や金額等により異なります。

 

・除去費用など:

【上限:80万2千円/戸】

浜松市

浜松市 家具転倒防止事業

家具の固定作業に必要な費用を補助(一世帯5品まで)

※固定作業は市で指定した施行者が行います。

浜松市

浜松市 耐震シェルター整備事業

1/2以内

【上限】

・高齢者等世帯:25万円

・一般世帯:12万5千円

浜松市

浜松市 重度身体障害者住宅改修費給付

予算の範囲位以内で原則1回のみ

 

【上限:20万円】

浜松市

浜松市 重度身体障害者住宅改造費補助金交付

①市県民税の非課税世帯

 

工事費用の2/3以内

【上限:75万円】

 

②①に該当しない世帯で前年分の所得税額が20万円以下

 

工事費用の1/2以内

【上限:75万円】

浜松市

民間建築物吹抜けアスベスト対策事業

①アスベストの除去工事:2/3以内【上限:300万円/敷地】

 

②アスベストの分析調査:10/10

 

 

 

<2.おわりに>

 

いかがでしたでしょうか?静岡県は助成制度がとても多かったです。住居に関しては勿論のこと、家具を固定する助成制度もありました。なにかの参考にしていただければと思います。