補助金と助成金ノート

北陸の田舎で経理(13年)をしております。主に実体験を踏まえた補助金や助成金について綴ります。

【愛知県の補助金制度】まとめ

愛知県といえば、有数の都市である名古屋市が有名ですね。それぞれの地域に目を向けると豊かな自然があるのをみなさんご存知でしょうか?また、観光名所も多いです。そこで、愛知県には、いったいどのような助成制度が設けられているのかを書きたいと思います。

 

 

 

f:id:yutorink:20190128104106j:plain

 

 

 

 

<1.愛知県の助成制度>

 

対象エリア

助成・補助金名

助成額

県内全域

国産材生産流通促進資金

知事の認定を受けた期間内で随時、短期運転資金の融資を受けることが可能な制度です。

 

補助率

・償還:1年以内

・利率:1.6%

 

【上限:500万円/棟】

※総額は3,000万円まで。

県内全域

木造住宅耐震診断補助事業

10/10

 

【上限額:4万6300円/戸】

県内全域

あいち認定材活用技術支援

☑構造材・造作材など:1万2千円/m³

 

☑内装材・下地材など:1,500円/m²

 

【上限:30万円/件】

県内全域

非木造住宅耐震診断費助成事業

補助率2/3

※その他、条件により上限あります

県内全域

建築物耐震診断費助成事業

補助率:2/3

※その他、条件により上限あります。

県内全域

木造住宅耐震診断事業

補助率10/10

※その他、条件により上限あります。

県内全域

通行障害既存耐震不適格建築物耐震診断費補助事業

補助率10/10

※その他、条件により上限あります。

県内全域

要安全確認計画記載建築物耐震診断費補助事業

10/10

※その他、条件により上限あります。

県内全域

民間空家住宅等改修費補助事業

工事費の2/3以下

【上限:200万円/棟】

県内全域

民間空家住宅等除却費補助事業

工事費の4/5以下

【上限:160万円/棟】

県内全域

民間不良住宅等除却費補助事業

工事費の4/5以下

【上限:160万円/棟】

県内全域

住宅・建築物アスベスト改修事業

国:1/3

県:1/6

市町村1/6

県内全域

がけ地近接等危険住宅移転事業

国:1/2

県:1/4

※その他、条件などにより、上限があります。

県内全域

民間住宅・建築物土砂災害対策改修費補助事業

23%を補助

【上限:330万円】

県内全域

住宅耐震改修費用助成事業

(マンション)

国:1/2

県:1/4

市町村:1/4

 

【上限:90万円/戸】

県内全域

住宅耐震改修費用助成事業

(マンション以外)

国:1/2

県:1/4

市町村:1/4

【上限:100万円/戸】

県内全域

戸建住宅除却費補助事業

国:1/2

県:1/4

市町村:1/4

【上限:52万円/戸】

県内全域

要緊急安全確認大規模建築物耐震改修費補助事業

・補助率:44.8%

【上限:5万300円/m²】

県内全域

木造住宅耐震シェルター整備費補助事業

国:1/2

県:1/4

市町村:1/4

【上限:30万円/戸】

県内全域

木造住宅耐震シェルター整備費補助事業

国:1/2

県:1/4

市町村:1/4

【上限:60万円】

県内全域

要安全確認計画記載建築物耐震改修費補助事業

11/15

【上限:5万300円/m²】

名古屋市

住宅の低炭素化促進補助金

・太陽光発電設備:2万5千円/1kW

【上限:5kW】

 

・蓄電システム:1kWhあたり:2万円

【上限6kWh】

 

・ZEH

1件あたり:20万円

名古屋市

家庭用燃料電池システム設置費補助

1台あたり:3万円

名古屋市

名古屋緑化基金玄関周り緑化

対象事業費用の1/2

※条件等により上限があります。

名古屋市

名古屋市緑化基金壁面緑化

対象事業費用の1/2

※条件等により上限があります。

名古屋市

名古屋市緑化基金駐車場緑化

対象事業費用の1/2

※条件等により上限があります。

名古屋市

名古屋緑化基金空地緑化

対象事業費用の1/2

※条件等により上限があります。

名古屋市

名古屋緑化基金生垣緑化

対象事業費用の1/2

※条件等により上限があります。

名古屋市

名古屋緑化基金屋上緑化

対象事業費用の1/2

※条件等により上限があります。

 

 

 

<2.おわりに>

 

愛知県は、緑化の補助制度が多かったように感じました。街並みが綺麗なのにも納得です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。